寺岡ゼミナール公式WEBサイト Space16Organization Space16住所登録・変更フォーム Space16Student_Login
Space16同窓会エントリー Space16Graduate_Login
    Space16Fusikai_Login
       

Space_16Space_16Space_16Space_16Space_16


卒業生




<< 16期です!!! | main | NZ情報いくつか >>
ニュージーランドのスーパーマーケット
実家がスーパーという事もあり、海外に着いたら必ずスーパーに立ち寄ります、これは私の楽しみの一つでもありますが、そこで見た品物から様々なものが見えて来ます。

一般的な人の食費、店員の質から見る労働史観や賃金、パッケージから見るデザインセンスと製造方法、食料品に関する法律や制度、食品に対するモラル、輸出入の関係、レストランの価格の妥当性など、ふらっと見ただけで色々な事が分かります。

今回は私事ではありますが、日本のスーパーマーケットのありようについて、NZのスーパーを紹介しながら考えて行きたいと思います。

【NZのスーパー紹介】
NZで最も安いスーパー「パッキンセイブ」
巨大店舗にて大量販売を行う「価格重視」のスーパーで、要するに倉庫業と小売業を組み合わせた様な店舗です。


赤と青のトレーは全て食パンです。本当にこんなに売れるのでしょうか、、、?
(2斤300円くらいですね)

在庫管理はパレットとフォークリフトを使用し、陳列棚の上にズラーっと並べてあります。
店内はフォークリフトが走り回れる様、非常に大きく作られており、まさに倉庫。


在庫管理はこの様に2人1組で行います。(もの凄いダラダラやってます)

売上高世界最大を誇るウォルマート流の管理方式で、日本ではIKEAがこの在庫管理方式を採用していますが、スーパーには採用されてないと思います。


【日本のスーパー業界のゆくえ】 日本のスーパー業界は中小企業を中心とし、大企業も何社かありますが、アメリカやヨーロッパでは既に充分すぎる程の統合化が行われ「超超巨大企業」のみが生き残っているのが現状です。
(年間売上の比較)ウォルマート 売上32兆円  トヨタ自動車 売上20兆円

これ程激しく統合化が進んだ理由として、
1、規模の経済
(大量購入、大量輸送、大量販売する事により、同一の商品を圧倒的に安く販売する事が可能)

2、コピー可能な店舗システム
(マクドナルドやコンビニの様に「店舗の雛形が決まっていて、どこでも出店可能で、誰でも管理できる」体制)

などがあげられます、しかし「超巨大企業」には様々な社会的デメリットが存在します。
地域小売業の倒産、雇用の低下、低賃金化、裾野産業の統合化など、ウォルマートの事例を見ると、あまり地域経済にはよろしく無い様にみえます。

これはコンビニやマクドナルドの進出と似ているのですが、規模が大きいため注目をあび易く、アメリカでは一時社会問題化された程です。

(しかし、IKEAが出来て社会問題が生まれたというイメージはあまりない、交通渋滞くらいなものではないか?)

今後日本は貧しい時代に突入してゆきますので、価格競争力の強い巨大なスーパーへと統合が進んでゆくのかもしれません。

その際にウォルマートやマクドナルドの様に「社会問題を生み出す」のか、それともユニクロやIKEAの様に「とりあえずの礼賛」を受けるのか、一体どんな未来になってゆくのでしょうか。

アンドリュー・コント・スポンヴィルの言う「道徳的な企業などというのは存在しない」(つまり、経済活動と道徳的である事をごちゃ混ぜにするな)という言葉が頭をよぎります。


流石は乳製品の国、全てチーズです。(美味しくて安い!)

11期 牛田
オーストラリアも同様に乳製品は安い。元気で何より。
寺岡寛 | 2011/12/30 07:24
スーパーの中をフォークリフトなんて、工場みたいだね。
うえのほうの写真をみる限りだと、どんな災害が起きてもおかしくなさそう。。
11期 榊原 | 2011/12/30 16:15
お久しぶりです。ニュージーランドの方も地震の心配がありますが、日本のように耐震技術等は進んでいるのでしょうか?それとも既に日本の企業が技術を売り込んでいるのでしょうかね?^^;
20期 高橋 | 2012/01/02 16:17
あけましておめでとうございます。

ジョージ
見た感じ工場だよね、上から物が落ちてきて人にぶつかったとかって言うクレームが無いのか心配なくらいです。

高橋君
ビルやマンションはどうかわかりませんが、少なくとも個人用の住宅については、あまり耐震技術が進んでいるという印象は受けません、以下理由を書きますね。


多くの個人住宅が1階建の為、2階建てが主の日本より壊れにくいのかもしれない。

中古住宅が大変人気
、建物の年数も古いものが存在する為にそのあたりはあまり考えられていないと思われる。

そして何よりもNZ人はあまり地震とかそういうことを気にしていなさそうです。

牛田 | 2012/01/05 16:48
よく考えると旅をするのは6年ぶり、当時と違うのは皆iPadやノートPCを持ち歩いているという事、昔は本とノートだったのに。。。 

それに旅をしている人達と10歳位年齢が離れている事も、、、 若干ショックを受けました。
牛田 | 2012/01/10 07:04
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK